【オススメ牡蠣料理】年間200個は牡蠣を食べるくらい牡蠣好きの私が、牡蠣のおいしい食べ方を存分に語る!

 

最安値に挑戦!店長暴走の衝撃大特価!更に2個で300円OFFクーポン付き! カキ 牡蠣 かき 剥き身 1kg(解凍後850g/大粒2L約26~35粒)海鮮 広島県産[送料無料]【#元気いただきますプロジェクト】

価格:1,760円
(2020/11/13 20:41時点)
感想(159件)

こんにちわ!みやびです!

いやー最近寒くなってきましたねー

 

正直私は寒いのは、苦手です。

体育の授業の雪合戦がイヤで、涙を流して泣いたくらい苦手です。

 

みやび
みやび

寒い中、冷たい雪玉を投げ合う神経がマジで意味が分からんかったわw

けど、大人になった今は冬も楽しみな季節の一つです。

だって、牡蠣が美味しいから!!

 

というわけで、年間200個は牡蠣を食べるくらい牡蠣好きの私が、

牡蠣の魅力を語ります!!

 

【もくじ】

・牡蠣って何

・好きな牡蠣料理は?

・まとめ

 

【牡蠣って何?】

カキは、ウグイスガイ目イタボガキ科とベッコウガキ科に属する二枚貝の総称なんよ。

またはカキ目もしくはカキ上科に属する種の総称で海の岩から「かきおとす」ことから「カキ」と言う名がついたといわれとるんよ。

ぶち昔から、世界各地の沿岸地域で食用、薬品や化粧品、建材として利用されたんよ。

↑急に流暢に語り始めましたが、ほとんどWikipdi◯のコピペです。

 

(なんで広島弁になったかというと、牡蠣は広島が有名だからって、ただそれだけのコト….笑)

 

まぁ私の知ってる知識でいうのであれば、牡蠣は牛乳によく似た成分のため「海のミルク」と呼ばれ、特に亜鉛や鉄分を多く含んでいます。

みやび
みやび

栄養満点ですね

では、私の好きな牡蠣の食べ方ベスト3の発表です!

 

【好きな牡蠣料理は?】

1.牡蠣フライ

いやー王道でしょ!

 

よく食レポで「外はサクサク、中はプリプリ」って表現がありますが

それの究極です!究極完全です!!

究極完全体グレート◯スもびっくりな美味しさです!

みやび
みやび

元ネタが分からない人は、気にしないでください

あとカキフライのすごいところは、どんな調味料や食材とも合うところです

タルタルソースとの相性◎
ソースとの相性◎
レモンとの相性◎
塩との相性◎
白いご飯との相性◎

なんやこの料理、隙がなさすぎる...

みやび
みやび

円を使って王宮を見張るピトー以上に隙がないですね

個人的にはレモン汁をかけて食べるのが一番好きです!

 

2.牡蠣鍋

牡蠣鍋のすごいところは、牡蠣フライ以上に身のプリプリ感が増すところです。

 

あとやっぱり「鍋」なんで、大勢で温まりながら、楽しんで食べるという

思い出補正も相まって、美味しさが倍増されます。

 

みやび
みやび

ポン酢に大根おろしや七味を入れて食べるのがオススメです

 

また、鍋のあとに白いご飯、醤油と卵を入れて雑炊を作ると2度楽しめます。

 

3.牡蠣のバター醤油

好きな人にはたまんないですよね。

 

牡蠣のバター醤油については、多くは語らないです。

だって「牡蠣のバター醤油」という字体がすでに美味しそうじゃないですか笑

熱々の牡蠣にバターと醤油の香ばしさですよ!?

 

【まとめ】

いかがだったでしょうか?

 

そういえば女子高生がバンドをやる、大ヒット軽音楽アニメ
「けいお◯」の作者の方って、「かきふらい」ってペンネームでしたよね?笑

そんなに、どハマリしたわけではありませんが、けいお◯懐かしいですね〜

あずにゃ◯とか元気でしょうか?

 

みやび
みやび

機会があれば、私とあず◯ゃんと究極完全体グレート◯スの、3人で牡蠣鍋やりたいですね。

そもそも、かきふらい先生もかきふらい好きなんでしょうか?

あ、やばい、かきふらいがゲシュタルト崩壊した笑

 

以上となります。

みんなもこの冬いっぱい牡蠣を食べましょう!!

 

ありがとうございました。

 

(また まとめられなかった…)

 

 

 

 

 

 

最安値に挑戦!店長暴走の衝撃大特価!更に2個で300円OFFクーポン付き! カキ 牡蠣 かき 剥き身 1kg(解凍後850g/大粒2L約26~35粒)海鮮 広島県産[送料無料]【#元気いただきますプロジェクト】

価格:1,760円
(2020/11/13 20:41時点)
感想(159件)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めまして、みやびと申します。

普段は関東で働いている30代の会社員です。

日常の出来事や興味のあることを綴っていき、少しでもこのブログを見てくれた人に元気や笑顔を与えられるようなブログにしていきたいと思っています。

ブログ名の由来は、日々仕事でせっせと一生懸命に働いている方に、たまには雨宿りをするかのように、少し立ち止まり息抜きや考える時間を作ってほしいと思いつけました。

よろしくお願い致します。

コメント

コメントする

目次
閉じる